自宅 出産 方法 費用

分娩台よ、さようなら

自宅出産について

自宅出産経験者は、出産経験者のうちごく一握りなのが現代です。昔は誰でもあたり前のように家族に囲まれて自宅出産していたのに、今では医療機関での出産が当たり前になっています。しかし、病院での出産には病院の都合や管理があり、不自然な出産になることがあるという面が取り上げられ、まだまだ人数は少ないですが自宅で家族と一緒に出産を迎える人が増えてきています。自宅で、家族に囲まれて、愛情を感じながらの出産は、安心感があります。生命誕生の神秘を、命の大切さを、自分の家族を通して経験できる自宅出産経験は非常に貴重であり、今後少しずつではあっても増加するのではないかと考えられています。

自宅出産に必要なこと

自宅出産といっても、家族だけで出産するのはリスクが伴いますので考えないで下さい。自宅出産を希望する場合、順調な妊娠期間を過ごして出産に臨めること、そして出産の自然な経過で出産する、ということがポイントになります。これを叶える為に、まずは助産師さんを探します(家族だけで出産するのはリスクが高いので絶対にやめましょう)。自宅出産の場合、「出張開業出産助産師」と呼ばれている助産師さんにお願いするのが一般的なようです。入院設備を持たずに妊婦の自宅で仕事をする助産師を指しています。近くに見つからない場合など、入院設備を持つ助産院でも自宅出産を引き受けてくれることがあるようですので、あきらめずに探してみることが大切です。

自宅出産に対する心構え

自宅出産、というのは出産場所が病院から自宅に変わっただけ、というものではありません。順調な妊娠期間を過ごす、つまり体調管理や体重管理を妊婦自らがきちんとする、セルフコントロールがとても大切になってきます。自宅出産を選ぶということは、自分自身が自分の妊娠生活、出産の主導権を握り、主体性を持つことが必要なのです。家事を積極的にこなしてなるべく体を動かしたり、栄養バランスのよい食事を心がけるなど、健康な妊娠期間を過ごす為の自覚と行動が必要であることをまず念頭に置いてください。そして妊娠、分娩についてもよく学習することが大切です。自宅出産の主人公は妊婦さんなのですから。

自宅出産の介添役、助産師さん

自宅出産を決意し、助産師さんが見つかったら、事前に十分話し合う必要があります。特に万が一、母親や赤ちゃんに何らかの異常が発生した場合、どのように緊急対応がとるのかも大切なことです。従って自宅出産で異常があった時、助けてくれる医師がいる助産師を選ぶようにしましょう。具体的にどのような形で緊急事態に対応するかを確認し、話し合うことで、より安心した自宅出産を迎えることができるはずです。

自宅出産と産後のお手伝い

病院や助産院なら産後数日間の入院生活が待っていますが、自宅出産の場合、これまで妊婦さんが担当していた家事、雑用等、家庭内のことを誰かに頼まなければなりませんね。夫が会社を休めればよいのですが、日本の会社では自宅出産後の家事を理由に休暇をとる習慣も理解も少ないので、難しいかもしれません。どちらかのお母さんが手伝いに来てくれケースが多いようですが、両方の実家を頼れない場合、家事を代行してくれるヘルパーさんをお願いするなどの対応が必要です。産後の生活を見越して自宅出産準備しましょう。